1. キャッシングにはなぜ審査があるの?

キャッシング 審査

申込者が、確実に毎月返済が滞ることなくお金を返すことができれば、審査などをする必要はありません。
しかし、借りたお金をしっかりと返済する人もいれば、突然の出来事により返済できない人もいますし、故意に返済しないという人さえいます。
そのため、キャッシング会社はしっかりと審査をして、本当にお金を返してくれる人なのかを判断する必要があります。
この審査方法は各会社によって違い、その審査方法を公表されることもありません。
公表されることはないのですが、どの会社も同じような基準によって審査を行っていると考えることができます。
その審査方法を理解することにより、審査が通りやすくなります。

2. 金融機関による主な審査基準とは

各会社によって審査基準が違い、その審査基準は公表されることがないので詳細は分かりませんが、大まかな基準としては収入や勤続年数、年齢や過去の利用実績などが挙げられます。
これらのポイントを審査することによって、返済能力がどれだけ高いのかをチェックすることができます。
返済能力が高いと判断されれば、審査に無地通ることとなりますし、多くのお金を借りることができます。
返済能力が低いと判断されれば、審査に通ったとしても利用できる限度額が低く設定されてしまいます。
また、年齢や性別、勤務先などに分類して審査をするスコアリングシステムなどを導入し、素早く審査ができるようにもなっています。

2-1. 収入の有無(勤務先・勤務形態)

まず審査で重要になるのが収入です。
収入が全くない方にお金を貸してくれる金融業者はありません。
まずは収入があることが絶対条件となります。
そして、その収入が得られる勤務先や勤務形態なども重要なポイントとなります。
勤務先が大手企業や公務員のように安定した収入が得られる勤務先の場合には高い評価となります。
また、パートやアルバイト、派遣よりも正社員の方が返済能力が高いと判断されます。
どんなに、パートやアルバイト、派遣によって去年の収入が多くても今年の収入が半減してしまっては、安定した収入が得られる人とは言えません。
一時的に大きな収入が得られる人よりも、毎年安定した収入が得られる人の方が高い評価になります。

2-2. 勤続年数が長いことは審査通過のための大きなポイント

審査では、勤務先なども重要なポイントとなるのですが、勤続年数も重要視されます。
勤続年数が長ければ長いほど、その会社にとって重要な人材でもあり、仕事に慣れていることから仕事を辞める可能性も少なく、安定した収入が得られる人と判断することができます。
どんなに有名な企業に勤めていても、勤続年数が1年未満なら評価は低いと考えられます。
大手企業に入社したとしても、激務に耐えることができず辞めてしまう人も多くいます。
仕事を辞めてしまえば一時的にでも収入が得られなくなり、返済が滞る心配が出てきます。
そのため、審査では勤続年数が重要視されます。

2-3. 年齢・成人以上かどうか

審査では年齢や成人かどうかも重要視されます。
学生でもお金を貸してくれる会社はいくつかありますが、学生への融資は少額となるケースが多いようです。
学生では社会性も低く、信用度が低くなってしまいます。
そのため、学生でお金を借りることができても、利用限度額は少額の設定となります。
また、年齢を重ねていればいるほど、安定した収入があると判断され審査にも通りやすくなる場合もあります。
しかし、最近では30代や40代の人でも、非正規労働者が増えていると言われています。
この年齢による信用度は、昔は重要視されていたようですが、最近の雇用形態なども考慮し、あまり関係ないとも言われています。

2-4. 他社の借入で返済遅延などを起こしていないか

お金を借りる際の審査でもまず確認されるのが信用情報とも言われています。
この信用情報とは、金融機関からお金を借りた人の利用実績などを確認できる機関が提供しているもので、どの金融業者も申し込みを受ければ、この機関からその人の信用情報を確認します。
この信用情報機関では、借入で返済遅延などを起こした場合にも記録されます。
そのため、この機関を利用すれば他社での利用実績などが確認できることとなります。
この情報を確認して、他社で返済が滞ってることが分かれば、信用できない人と判断され審査に落とされる可能性もあります。

3. キャッシングの審査基準を満たすためには

キャッシング会社からお金を借りるためには、まず審査に通る必要があります。
この審査に通らなければお金を借りることはできません。
この審査に通るためには、気を付けるポイントがあります。
普段からこのポイントとなる部分を気を付けてお金の管理をすることにより、お金に困った時には審査を気にすることなくお金を借りることができます。
大切なのは金融業者から信頼を得ることです。
お金を借りる時だけでなく、社会人は普段からの行いが信用を高めるうえで重要です。
普段から社会人として正しい行動をすることにより、信用が高まりお金を借りやすい状況を作ることができます。

3-1. 虚偽の申請は絶対NG

申し込む際には、正確に情報を記入することが大切です。
キャッシングやカードローンを申請する際に、誤りがあったり、虚偽などの申請を行うとお金の借入が困難となります。
以前に他社から借り入れがある場合には、その人の情報は信用情報機関に記録をされています。
この信用情報機関には、様々な情報が記録されているため、虚偽の申請をしたとしても簡単にバレてしまいます。
虚偽がバレて審査に落とされるだけならいいのですが、この情報がもし信用情報機関に記録されることとなれば、どこの金融業者からも相手にされてくなる危険性さえあります。
このような状況にならないためにも、申し込む際には正しい情報を記入する必要があります。

3-2. 複数の業者からお金を借入れないこと

キャッシングの審査基準を満たすためには、普段からのお金の管理が重要です。
普段からお金を使い過ぎ、複数の業者からお金を借入などをしていると、返済能力が低い人と判断されてしまいます。
しっかりとした収入があり、複数の業者からの借入があっても問題ない場合でも、複数の業者から借り入れがあることで、今後支払いが滞るのではないかという不安要素を金融業者に与えることとなってしまいます。
審査に通りやすくするためには、金融業者に返済能力が高いことを示すことが重要です。
そのため、複数の業者からの借入を避ける必要がありますし、すでに複数の業者から借り入れをしている人は、完済してからの申し込みが大切です。