1. キャッシング会社を選ぶときのポイント

キャッシング 選び方

お金を借りる時には、後悔しないように金融業者を選びたいものです。
しかし、お金を借りようとしている時は、すぐにお金が必要でゆっくりと選んでいる暇がないという方もいるのではないでしょうか。
キャッシング会社を選ぶときには、選び方のポイントをつかんでおくことが大切です。
安心感の高い大手の金融業者を選んだり、金利や利用限度額などのチェックも大切です。
外国人の方なら、まず自分がお金が借りられるのかが選ぶポイントとなります。
選び方のポイントをつかみ、効率よく金融業者を探すことによって、後悔のないキャッシング会社を選ぶことができます。
ポイントさえつかめば複数の会社を効率よく確認することができます。

2. 金利は最も重要なポイント

キャッシング会社を選ぶときにまず確認したいのが金利です。
金利はキャッシング会社によって様々です。
特に消費者金融と銀行では大きな差があります。
消費者金融の多くは18%、銀行では14%程度の金利設定をしています。
実質年率が18%の場合、50万円借りた場合には最初の月は7,397円の利息が必要となります。
実質年率が14%の場合、50万円借りた場合には最初の月は5,753円の利息が必要となります。
このように、4%の違いでも毎月の支払いに大きな差があることが分かります。
特に、大きなお金を借りる場合にはできるだけ金利の安いところを選択することが大切です。

3. 融資限度額は会社によって違う

キャッシング会社によっての違いは金利だけでなく、融資限度額にも多くの違いがあります。
最大の融資額が1,000万円のところもあれば300万円のところもありますし、専業主婦の方には50万円までといった場合もあります。
キャッシング会社によって、融資できる額が違いますし、職業などによっても違いが出る場合もあります。
この融資限度額をしっかりと確認することは重要です。
例えば、融資限度額が50万円までとなっているのに、100万円の融資を希望しても融資を受けられることはありませんし、この希望額によって審査に落ちてしまうというケースもあります。
申し込む際には、その会社や自分の収入に合った融資額を申し込むことも大切です。

4. 審査と手続きについて

キャッシングと聞くと手軽にお金を借りられるようなイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。
しかし、このキャッシングでもしっかりと審査をされることになります。
お金を借りる際には手続きや審査に不安を感じる方は多くいます。
その不安が、慣れていないということが考えられます。
手軽にお金を借りられるようになっているといっても、初めてお金を借りる時には不安を感じたり緊張をするものです。
手続きの仕方や審査方法などを理解することで、その不安も軽減させることができます。
審査が不安という方は何をチェックされるのかを知ることが大切です。

4-1. 審査項目は収入の状況がポイント

審査で最も重要となると考えられるのが収入です。
多くの収入があればそれだけ多くのお金を借りられることになります。
消費者金融では裁量規制があり年収の3分の1以下しかお金を借りることができません。
この収入というのは、今の借入金の多さも関係しています。
年収がどれだけ多くても、現在借りているお金が多ければ、支払い能力が低いと判断されてしまいます。
また、公務員のような安定した収入が得られるかどうかも重要です。
今の収入が多くても、不安定な職業の場合には安定した収入と判断されません。
このように、審査では収入の多さやどれだけの借入があるのか、安定した収入が得られる職業についているのかがポイントとなります。

4-2. スピードの点では消費者金融系がリード

お金を借りたいと考えた時には、できるだけ早くお金を借りたいものです。
そのため、審査時間の短いキャッシング会社を選ぶことも重要になります。
審査時間によってキャッシング会社を選びたいという方におすすめなのが消費者金融です。
大手の消費者金融系なら審査時間は30分から1時間程度で結果を知ることができ、契約までの時間も短縮できます。
仮に審査に落ちる場合でも、早く結果を知りたいと思う方もいるのではないでしょうか。
消費者金融を選ぶことで、早く審査結果を知ることができます。
最近では銀行でも対応しているところはありますが、一部の銀行に限られていたり、口座を持っている必要があったりと条件があります。

5. 返済方式と返済方法は各社で違いがある

キャッシングの返済方式には各社によって違いがあります。
大きく返済方式を別けると、一回払いと分割払い、リボルビング払いなどの返済方式があります。
最近ではリボルビング払いを適用している会社が多いようです。
また、返済方法では、指定された口座から自動的に引き落とされる口座振替、ATMによる返済、銀行振り込みによる返済方法などがあります。
最近ではどこのコンビニでもATMが設置され、そのATMと提携をしているため、いつでも手軽に返済をすることができます。
しかし、会社によっては提携ATMや銀行振り込みによって手数料がかかる場合もあります。

5-1. 返済方式も選択の重要なポイント

返済方式には一回払いと分割払い、リボルビング払いなどの方式がありますが、それぞれにメリットやデメリットがあります。
一回払いでは、借りたお金を全て一回で払う必要がありますが、利息が少なくてすみます。
分割払いでは、借入金額増えれば返済額が増えますが、あとどのくらいで返済できるのかが明確なのがメリットと言えます。
リボルビング払いは、借入金額が増えても基本的には支払額が一定で、支払いが楽なのがメリットです。
しかし、返済額が少額だと完済するまでに時間がかかり、多くの利息を支払うことになるのがデメリットと言えます。

5-2. 返済方法はどんなものがあるのかチェックすること

キャッシング会社を選ぶ際に返済方法にどのような種類があるのかをチェックすることも大切です。
返済方法には口座振替や銀行振り込み、ATMを利用した方法があります。
銀行振り込みでもネットバンキングが利用できれば、自宅から気軽に返済することができます。
また、近所にコンビニがある場合にはATMを利用した返済方法が便利です。
コンビニなら24時間営業しているので、仕事帰りでも気軽に返済することが可能です。
申し込む前に自分の生活スタイルに合った返済方法が選択できるキャッシング会社を選ぶことで、楽に返済することができます。

6. 店舗の数やATMの利用のしやすさ

多くのキャッシング会社が、コンビニのATMと提携しているため、返済がとても楽になっています。
しかし、コンビニのATMを利用した場合には手数料が必要な会社もあります。
手数料が数百円でも数年もすれば数千円から数万円となり、大きな負担となります。
店舗数の多いキャッシング会社なら、自社のATMを利用することで手数料も必要なく返済することができます。
自社のATMを利用した場合には、手数料を無料としている会社がほとんどです。
そのため、ATMで返済を考えている方は、店舗数の多い会社を選ぶことで無駄な出費を抑えることも可能となります。