1.限度額を上げてお金を借りる方法を徹底解説!

お金を借りる方法

便利でカードローンは利用しているけれども、もう少し融資額が多ければなと思う人は案外多いのではないでしょうか。
そんな場合には、限度額増額の申し込みことができることをご存じですか?
カードローン会社にもよりますが、現在の借入限度額よりも極度額が高い場合には、電話やネットで簡単に増額申請をすることができます。
新規申し込みをしたときのように、再度審査が行われ、それに通れば限度額が増額されます。
増額の審査基準は銀行ごと、消費者金融機関ごとに違いますが、基本は同じで融資額が増えても返済できる能力があるかという点と、増額することで利用額がさらに増えることが見込めるかという点です。

1-1.知っておきたい限度額と極度額の違い

銀行や消費者金融の案内には契約極度額が表示されています。
たとえば、三井住友銀行カードローンなら800万円、みずほ銀行カードローンなら1000万円に設定されています。
これは、このカードローンで融資できる最大の金額です。
これとは別に、利用者それぞれに融資限度額が設定されます。
融資限度額は、契約極度額の範囲内で、その利用者の年収や他社借入の状況などから設定される限度額のことです。
実際に借り入れできる金額は、この融資限度額までとなります。
融資限度額が契約極度額よりも低い場合には、増額申請をして融資限度額の増額を希望することが可能です。

1-2.限度額の増額を申請する方法とは

限度額の増額を申請する方法は、大きく分けて2つあります。
まずは、カードローン会社側から増額の案内が届き、それに従って増額を申し込む方法です。
カードローン会社は、たくさん利用して返済してもらった方が、金利による収入が増えます。
ですので、きちんと返済してくれる利用者だと判断されると、カードローン会社から増額を勧める案内が来るのです。
もう一つは、こちらから増額の申請をする方法です。
カードローン会社によって方法はさまざまですが、フリーダイヤルやネットで申し込めることが多いです。
増額の案内が来て申し込む場合は高い確率で審査に通りますが、自ら申請する場合は審査を受けてみないと通るかどうか分かりません。

1-3.限度額増額には審査が必要

限度額増額の申請をすると、初期契約時のように金融機関や保証会社によって審査が行われます。
これは、融資額を増やしても契約者がきちんと返済できるかを判断するために行われます。
初期契約時よりも限度額が上がるということは、返済が滞るリスクが高まりますので、初期審査よりもさらに厳しい審査が行われます。
個人信用情報も再度確認されますし、これまでの利用実績や返済実績も見られます。
また、じっくり審査が行われますので、初期審査が30分ほどで終わる金融機関でも、増額審査の場合には数日から1週間ほどかかる場合がほとんどです。

2.増額審査に通るための基準

増額審査の基準はカードローン会社によってさまざまで、審査が比較的甘いところから、かなり厳しいところまで、ネットの口コミもさまざまです。
ただし、どのカードローン会社にも共通しているのが、融資額を増やしても利用者がきちんと返済してくれるかという点と、融資限度額を増やすことで、利用者がさらにたくさん使ってくれるかという点です。
ですので、これまでの借入実績や返済実績が確認されます。
返済が滞っている場合には、審査は通りません。
また、個人信用情報が照会され、前回の審査から他社での借入額が増えていないかという点なども見られます。

2-1.一定の利用期間が必要

増額審査では、これまでの借入実績や返済実績が見られるので、一定の利用期間が必要です。
たくさん借り入れをしてくれている利用者は、限度額を上げることでさらに利用額が増えて、カードローン会社の金利収入が増えるので、限度額を上げるメリットがあると判断されます。
これが、利用がほとんどなかったり、利用していても金額が少額だと、返済が難しくなるかもしれないというリスクを冒してまで、限度額を上げる必要はないと思われてしまいます。
さらに、期日にきちんと返済されているかという点も重要です。
現在の利用限度額で返済がきちんと行えていない利用者は、融資額を上げるのは危険だと判断され、増額が通りません。

2-2.返済の遅延はNG!過去の利用実績

増額審査と、新規契約時の初期審査との大きな違いは、これまでの利用実績が見られるという点です。
前回の審査から今回の増額審査までの間の利用実績によって、信頼度が上がっていれば審査に有利ですし、信頼度が下がっていれば審査に落ちる可能性が高いです。
とくに、返済が遅れたり、滞ったりしたことがある場合には、初期審査のときから信頼度が下がるでしょうから、審査に通るのは難しいでしょう。
たとえ、それが故意ではなくうっかりであっても、それをカードローン会社が見極めることは不可能に近いので、同じように判断されます。
もちろん、増額を希望するカードローン会社だけでなく、他社での返済遅延も同じく不利になります。

2-3.他社借入や借入枠にも注意

とくに、消費者金融や信販系のカードローンの場合には、貸金業法の総量規制の対象となりますので、年収によって貸付額が制限されています。
総量規制とは、他社での借入を含めて利用者の年収の3分の1以上の貸付を貸金業者は行ってはいけないというルールです。
そのため、初期審査時から新たにローン契約をしていたり、他社の利用限度額が増額されていて、さらに増額すると総量規制の範囲内に収まらないという場合には、審査に通りません。
また、裁量規制の対象外である銀行でも、他社からの借入が増えている場合には、融資額を増やすと返済が難しくなるかもしれないと判断されると、審査落ちすることもあります。

3.限度額を引き上げるためのリスクとは

利用限度額を増額してもらうための申請は、基本的に誰でも行えます。
ただし、実際に利用限度額を上げてもらえるのは、審査に通った利用者のみです。
審査に落ちてしまった場合には、限度額は変わりません。
さらに、初期審査よりも利用者の信頼度が低くなっている場合や、返済能力が下がっている場合などには、逆に限度額が下げられたり、最悪の場合には利用停止になってしまったりということもあります。
限度額増額の申し込みをする場合には、こういったリスクも考慮して、自分自身を見直してから慎重に申し込みをすることがおすすめです。

3-1.限度額が引き下げられる可能性

せっかく限度額を引き上げて欲しいのに、増額申込をして限度額が逆に引き下げられてしまうという場合も実はあります。
たとえば、初期審査の際から年収が急激に下がっていたり、正社員だったのがアルバイトになっていたりする場合には、返済能力が前回審査よりも低いと判断されやすく、必然的に限度額が下げられてしまします。
さらに、利用者が引っ越したのに住所変更の申告をしていなかったことが審査で発覚すると、信用度が低いと思われ限度額が下げられることもあります。
増額申請をする前に、下げられる要因がないか一度自分で見直しましょう。

3-2.最悪のケースは利用停止に

増額審査によって限度額が引き下げられる場合もあれば、最悪の場合には利用自体が停止される場合もあります。
たとえば、返済が滞って債務不履行となっている場合には、利用停止になる可能性が高いです。
現在、返済ができていない利用者に、融資額を増やすなんてことをするカードローン会社は普通に考えてどこにもありませんよね。
これは増額を申し込むカードローン会社だけでなく、他社で債務不履行となっている場合も同様です。
増額審査では、個人信用情報が再度照会され、他社とのやり取りも確認されます。
その時に、他社で返済が滞っているとすぐに分かってしまいます。

3-3.審査否決で信用情報に影響も

個人信用情報には、金融機関とのやり取りが記録され保存されています。
たとえば、返済の延滞や滞納の履歴が残るほかに、申し込み履歴や審査の回答内容なども記録されます。
ですので、もし、増額審査に申し込んだ履歴や、増額審査に落ちてしまったことも記録されます。
1回落ちた程度では大きな影響はありませんが、複数回そういった傷がつくと、他のカードローンに新規申し込みや増額申し込みをしても通りにくくなったり、カードローンだけでなく住宅ローンやマイカーローン、賃貸契約などにも影響が出たりすることもあります。
従って、増額申請は慎重に申し込みましょう。