1.銀行の普通貯金口座が必要なキャッシングと不要なキャッシングの違い

キャッシング 銀行

銀行カードローンのメリットが金利です。
消費者金融と比べて、銀行は低い金利設定としているところが多く、銀行カードローンを利用することで、お得にお金を借りられることになります。
しかし、銀行カードローンでは普通預金口座を持っていることが条件としているところが多くあります。
銀行カードローンを利用したいけど、口座開設が面倒と感じる人も多いのではないでしょうか。
大手消費者金融では口座開設などの必要がなく、すぐに申し込みをすることができ、審査に通ればカードをすぐに受け取ることもできます。
ここでは、銀行口座が必要なキャッシングといらないキャッシングについて紹介したいと思います。

1-1.銀行口座を開設が必要なキャッシングのメリットとデメリット

銀行口座を持っている人はいいのですが、目的の銀行カードローンが口座開設が必要となるとすぐにお金を借りることができないことが多く、申し込みをすることにためらってしまいます。
しかし、口座開設をすることでメリットもあります。
返済時には口座引き落としが利用でき、返済忘れの心配がありません。
また、口座開設をしたことにより自動融資などのサービスが受けられるといった銀行もあります。
デメリットとしては、口座開設に時間がかかるということです。
窓口で申し込みをすることで口座開設やカードローンの申し込みも同時にすることができ即日融資も可能といったところもありますが、インターネットを利用すれば、ほとんどの銀行で口座開設までに一定の時間が必要となります。

1-2.銀行口座の開設が必要がない手続きが楽なキャッシングのメリットとデメリット

銀行口座の開設が必要ないキャッシングの場合には、カードさえもっていれば借入も返済もすることができます。
口座開設の手間もなく、条件さえ満たしていれば誰でも気軽に利用できるところがメリットです。
しかし、メリットだけでなくデメリットもあります。
口座開設が必要ない銀行でも、今持っている銀行の口座を指定して、その口座から自動引き落としで返済ができるのですが、これには手続きが必要になります。
その手続きが完了するまではATMから返済する必要があり、口座引き落としを希望している人はすぐに利用することができません。
これらのメリットやデメリットをよく考えてから利用する必要があります。

2.キャッシュカードや通帳を作る時に必要な本人確認書類

口座を持っていない人でも窓口に行けば、早ければ15~20分程度の時間で口座を開設することができます。
多くの銀行カードローンが口座開設を必要としますが、この程度の時間なら問題ないという人もいるのではないでしょうか。
ただ、キャッシュカードや通帳を作るときには必要になる書類があります。
それが本人確認書類です。
口座を開設したいからといって、何も持参せずに銀行に行ってもすぐには口座開設ができません。
まずは、口座開設に必要なものを確認し、スムーズに手続きを済ませることが大切です。
口座開設のためには本人確認書類や印鑑、入金するためのお金が必要です。

2-1.本人確認には運転免許証や保険者証が最適!

口座開設をするときには、運転免許証や健康保険者証、パスポートや住民票などを利用することができます。
住民票は役所に行けばすぐに発行してもらえることから、本人確認書類として利用を考えている人もいるのではないでしょうか。
しかし、この住民票はカードローンの申し込みでは利用できない場合もあります。
そのため、この口座開設の時の本人確認書類では運転免許証や保険者証などを準備しておけば、その書類をカードローンの申し込みの時にも利用することができます。
口座開設ではその後のカードローンの利用も考えて、必要書類を用意することも大切です。

2-2.お申し込み方法とサービス内容

口座開設では窓口だけでなくインターネットも利用できます。
窓口での申し込みと比べると、インターネットを利用した方法では時間がかかるのですが、手軽に申し込めるところがメリットです。
仕事が忙しくて窓口まで出向く暇がないという人は、インターネットを利用することで手軽に口座開設をすることができます。
銀行の口座開設をするときにはカードローンだけでなく、口座開設をすることで受けられるサービスにも注目しておきたいものです。
提携ATMの種類は豊富か、そのATMを利用するときの手数料は、インターネットバンキングは便利に利用できるのかなどサービス面もチェックしておきましょう。

3.口コミでも話題のイオンカードの詳細情報!

イオンカードは口コミなどでも人気があるカードです。
イオンカードセレクトは、クレジットカードやイオン銀行のキャッシュカード、電子マネーが一緒になったカードで、クレジットカードを利用すればWAONポイントがたまるようになっています。
イオン銀行が提供しているカードローンのイオン銀行カードローンBIGでは、自動融資というサービスがあります。
口座引き落としの際に残高が不足していれば、自動的に融資をしてくれるというもので、よく携帯や公共料金の支払いで残高不足を起こすといった人には便利なサービスとなっています。

3-1.実際にイオンカードを利用している人の口コミ体験談

イオン銀行カードローンを利用している人の口コミを見ると、当日に電話で回答してくれました、平日の午前中に申し込みをして審査時間は約2時間という声があり、審査の時間は早いようです。
カードローンを申し込んだときには、審査に通るかがとても気になります。
イオン銀行のように審査スピードが早いところでは、審査結果を待つ時間が少ないので、精神的な負担も少ないと考えられます。
収入証明も不要ですし簡単だったという声もあり、300万円までなら本人確認書類だけで申し込みができることも、このカードローンが人気がある理由のようです。

4.知って得する予備知識!SBI証券とSBIハイブリッド預金

SBI証券を利用して株取引などをしている人に人気がある銀行が住信SBIネット銀行です。
この住信SBIネット銀行を利用すると、SBIハイブリッド預金を利用することができます。
このSBIハイブリッド預金は、SBI証券での現物取引や信用取引に必要となるお金を簡単に充当できるというサービスです。
SBI証券の口座にお金が足りないという人でも、住信SBI銀行の口座にお金があればすぐに入金することが可能です。
この住信SBI銀行ではミスターカードローンを提供していて、このカードローンの金利は年1.99~7.99%で、株取引をしない人にもおすすめの銀行となっています。